通気性試験(JIS L 1096)

概要

 通気性試験とは、生地の組織の隙間を通る空気の量を調べることにより、空気の通りにくさを評価する試験です。


目的
 通気性試験では、生地を通過する空気の量を調べる事ができます。
 寒い時期に着用するダウン製品や防風製品に使用される生地に対しては、空気がどの程度通過できないかを調べます。また、布団やダウン製品等の側生地に対しては、詰め物が飛び出す可能性はないかどうか調べるために行います。
試験対象品
  • ダウン製品
  • 防風製品
  • 布団
A法(フラジール法)
試験方法

試験には、フラジール形試験機を使用します。

  1. 約200mm×200mmの試験片を5枚採取します。
  2. フラジール形試験機に試験片を取り付け、125Paの圧力になるように空気を吸引し、その時の空気流量を測定します。
  3. 空気流量と試験面積から通気度( cm3/(cm2・s))を求めます。

通気性

       フラジール形試験機

通気性

       測定中

試験結果例
試験項目 試験結果 試験方法

通気度( cm3/(cm2・s))

2.5 JIS L 1096 A法
試験結果の見方

一般的な目安値は、3 cm3/(cm2・s)以下と言われています。

補足
通気度は、1cm2の面積を1秒間でどの程度空気が通過するかを意味する数値です。