引張強さ試験(JIS L 1096)

概要

 「引張強さ試験」とは、織物を引っ張った際の破断する強度を評価するものです。

 

 繊維製品は縫製工程や製品としての消費過程で、引張り、曲げ、圧縮、ねじりなどの種々の外力を受けます。そのため、これらの力に対するある程度の抵抗力が必要となります。この抵抗力を力学的に評価するのが物性試験です。その一つに「引張強さ」があります。

 

 着用の際に強い力が加わり、シャツなどの織地が破れてしまったことはありませんか?これは、織地の物理的な強さが弱く、加わった力の作用で織地が破れてしまったからです。


JIS L 1096 A法(ストリップ法)
試験方法

試験には、引張試験機を使用します。

  1. 試験片は長さ約300㎜、幅50mmのものを、たて方向、よこ方向それぞれ採取し、引張試験機の上下のクランプに取り付けます。
  2. 上下のクランプ間は200㎜で、200㎜/分の速度で引っ張ります。
  3. 試験結果は、生地が破断した時の最大値となります。

試験結果例
引張強さ(N)
たて 351
よこ 283
試験結果の見方

 数値が大きいほど、力に対して強いことを示します。Nはニュートンと呼び、荷重を表す単位です。衣料品生地の強度の一般的な目安は、200N以上です。