スナッグ試験(JIS L 1058)

概要
 偶発的な引っ掛かりにより、繊維・糸が生地表面から突出し、引きつれなどを起こす現象をスナッグ(スナッギング)といいます。スーツの生地表面から糸がループ状に飛び出したり、引きつれを起こしたことはありませんか?これは着用の際などに、引掛け作用によって生地表面から糸が突出し、引きつれてしまったからです。
目的

「スナッグ試験」とは、「引掛け作用により、糸が突出・引きつれを起こす度合い」を評価するものです。

 
スナッグ


JIS L 1058 A法
概要
一般的な評価方法としては、A法:ICI形メース試験機法(メース法)になります。
試験方法

生地からA4サイズ程度の大きさの試験試料を4枚切り出します。(2枚は縦長、2枚は横長)

・それぞれの生地の短辺を本縫いします。中表にして円筒状に縫い、

 これをひっくり返し外表にして試料とします。

・円筒状の機器(回転シリンダ)の外側に、袖を通すように試料を通します。

 このシリンダの上方から鎖につながれたゴルフボール大の球体を吊り下げます。

 この球体には釘のようなスパイクが11本飛び出ています。

・シリンダを回転させ、回転する生地表面上をスパイク付きの球体(メース)がランダムに飛び跳ねて

 スナッグを発生させます。

・シリンダを100回転させた後、シリンダから試料を取り外します。

 そして、試料の表面に生じたスナッグの程度を判定します。

 
スパイク付きの球体

 

・判定は、判定標準写真を使用して等級を決めます。

判定標準写真には生地にスナッグが生じた状態が写っており、「1号」(スナッグが大量に生じている写真)から、

 「5号」(ほとんどスナッグが生じていない写真)まで5種類あります。

・試験した試料4枚が判定標準写真のどの「号」に相当するのか比較し、等級を決めます。

試験結果例
「スナッグ試験 A法 たて 4.0級 よこ4.0級」
試験結果の見方
等級が大きいほど良い結果(スナッグが発生しにくい)を表します。
JIS L 1058 D-1法
概要

ダメージ棒と言われる棒を、ピリング試験A法で使用するコルクが貼られた試験箱に斜めに差し渡し試験します。

ダメージ棒には、研磨布又はサーフェイスが巻き付けられています。

コルク板との摩擦に加え、コンクリート壁のようなザラザラしたものとの複合作用によって発生するスナッグを評価します。

試験方法

ピリング試験と同様に、たて120mm×よこ100mm、たて100mm×よこ120mmをそれぞれ2枚採取し、特殊ゴム管に巻き付けます。

特殊ゴム管に巻き付けられた試料を、ピリング試験箱に入れ、更にダメージ棒を箱の中にセットし、試験箱を回転させます。

ダメージ棒に研磨布を用いた場合は1時間試験箱を回転、サーフェイスを用いた場合は30分間試験箱を回転させます。

試験後、スナッグ判定標準写真と比較し級数を付けます。

試験結果例
「スナッグ試験D-1法 3.5級」