引裂強さ試験(JIS L 1096)

概要

 「引裂強さ試験」とは、織物を引き裂いた際の破断する強度を評価するものです。衣料品は、本体生地に縫製された異なるパーツや閂止めなどによって生地が傷つけられることがありますが、その部分(切れ目など)に力が加わった際、引き裂かれることがあります。例えば、ポケット口やベルトループなどです。引張強さは、生地そのものの強度を測定しますが、引裂強さは縫製後の生地強度を測定する試験です。


JIS L 1096 D法(ペンジュラム法)
試験方法

試験には、引裂試験機を使用します。

  1. 試験片は長さ約100㎜、幅63mmのものを、たて方向、よこ方向それぞれ採取し、引裂試験機のクランプに取り付けます。
  2. 取り付けた後に試験片に20mmの切れ目を入れ、試験機の振子を振って試験片を切れ目から引き裂きます。
  3. 試験結果は、生地が引き裂かれた時の荷重となります。
  4. 引き裂かれた状態に異常があった場合は、下表のように付記します。
異常現象例 付記の例
切れ目の方向に対して垂直方向に切断した 〇〇N以上(引裂方向に対して直角に切断)
切れ目の方向に対して斜め方向に切断した ○○N以上(引裂方向に対して斜めに切断)
最後まで引き裂けない ○○N以上(切れ残りあり)
試験片の糸が滑って抜けた ○○N以上(滑脱が生じたため既定の試料幅切断せず)
試験結果例
引裂強さ(N)
たて 9.63以上※
よこ 7.56

※:引裂方向に対して直角に切断

試験結果の見方

数値が大きいほど強い結果を表します。

衣料品の一般的な目安値

薄地・・・7N以上

厚地・・・10N以上

(N:ニュートン。荷重を表す単位)

「たて」・・・たて糸を切断した時の荷重

「よこ」・・・よこ糸を切断した時の荷重

JIS L 1096 A-1法(シングルタング法)
試験方法

試験には、定速伸長形引張試験機を使用します。
 

1.試験片は長さ約250㎜、幅約50mm(又は長さ約250㎜、幅約100mm)のものを、たて方向、よこ方向

   それぞれ採取します。

2.試験片の短辺中央から直角に100mmの切れ目を入れ、引張試験機のクランプに取り付けます。

3.取り付けた後に、引張試験機で100mm/minの速度で引っ張っり、切れ目から引き裂きます。

4.試験結果は、生地が引き裂かれた時の最大荷重となります。

5.引き裂かれた状態に異常があった場合は、下表のように付記します。

異常現象例 付記の例
切れ目の方向に対して垂直方向に切断した 〇〇N以上(引裂方向に対して直角に切断)
切れ目の方向に対して斜め方向に切断した

○○N以上(引裂方向に対して斜めに切断)

試験結果例
引裂強さ(N)
たて 20.1
よこ 12.4

試験結果の見方

数値が大きいほど強い結果を表します。

「たて」・・・たて糸を切断した時の荷重

「よこ」・・・よこ糸を切断した時の荷重