はっ水性試験(JIS L 1092)

概要

 はっ水(撥水)性とは、水をはじく性質を意味します。はっ水性試験は衣料品や傘など、水をはじくことによって防水性能を評価する試験です

 レインコート等の製品については、家庭用品品質表示法 繊維製品品質表示規程によりはっ水性の表示方法や性能が決められています。その性能を評価する方法は、JIS L 1092とされています。


目的

水をはじく性質の度合いを評価するのが目的です。

家庭用品品質表示法では、洗濯等ではっ水性が消失してしまわないか、レインコートと商品名があるにもかかわらずはっ水性がなく、消費者に誤解を与えないようにしないことを目的としています。


試験対象品
  • レインコート
  • 雨コート
  • レインダスター
  • 晴雨兼用コート
  • はっ水性衣料
  • スキーウェア
  • 釣り用衣料
試験方法
スプレー試験
試験方法
  1. 約200mm×200mmの試験片を3枚用意します。生地を水洗い洗濯やドライクリーニングする製品に使用し、洗濯処理後もはっ水効果を謳う場合は、それぞれの洗濯処理後の試験片を3枚用意します。
  2. 試験片をはっ水度試験装置に装着し、試験装置上部の漏斗に水250ml入れて試験片上にスプレーします。
  3. スプレー後、試験片保持枠を台から外し、固い物に軽く当て水滴を落とします。
  4. 標準写真により1~5級の格付けを3枚それぞれ実施します。


5級:湿潤、水滴がない

4級:湿潤がなく、小さな水滴が付着

3級:小さな水滴状の湿潤

2級:半分程度湿潤

1級:全体的に湿潤

  

  はっ水度試験装置

試験結果例
試験項目 試験結果 試験方法

はっ水度

(級)

原布 5, 5, 5

JIS L 1092 スプレー試験

水洗い処理:

 JIS L 1930 C4M法3回吊干し

ドライクリーニング処理:

 JIS L 1092 B法(石油系)

 3回平干し

水洗い後 3, 2, 3
ドライクリーニング後 2, 2, 2

注)はっ水度の結果は、試験した3枚全てのデータを表記します。

試験結果の見方

はっ水度の級数が大きいほどはっ水性があります。

レインコート等ではっ水性を表示する場合は、家庭用品品質表示法 繊維製品品質表示規程によって、試験した3枚全てのはっ水度が2級以上と規定されています。

コラム

レインコート等、はっ水性を表示する場合は、次の様になります。

はっ水

(水をはじきやすい)

表示者名

TELまたは住所

撥水

(水をはじきやすい)

表示者名

TELまたは住所


 

水洗い後やドライクリーニング後に、はっ水効果がなくなった場合は、次の様な表示をすることが可能です。

はっ水(水をはじきやすい)

水洗い後ははっ水効果がなくなります。

表示者名

TELまたは住所

はっ水(水をはじきやすい)

ドライクリーニング後ははっ水効果がなくなります。

表示者名

TELまたは住所

はっ水(水をはじきやすい)ドライクリーニング(石油系法)後ははっ水効果がなくなります。

表示者名

TELまたは住所

はっ水(水をはじきやすい)

水洗い後、ドライクリーニング、いずれでも、はっ水効果がなくなります。

表示者名

TELまたは住所