耐水性試験

概要

 試料に水圧をかけた時、どの程度で水が染み出すか評価する試験です。水圧への耐性を「耐水性」または「防水性」と呼びます。ここでは「JIS L 1092 繊維製品の防水性試験方法」の耐水度試験をご紹介します。なお、JIS内では、耐水性・はっ水性・漏水性などの総称を「防水性」としています。


目的

 外界から衣服内への雨などの侵入を防ぐことができます。透湿性機能と組み合わせることで、水蒸気を通して雨滴は通さない「透湿防水性」となります。


JIS A法(低水圧法)(AATCC127、ISO811)
対象製品
  • 薄手レインウェア
試験方法

 昇圧速度60cm/minまたは10cm/minで試験片に水圧をかけていき、水滴が3滴出水した時点の水圧を測定します。

 

補足
 JIS L 1092 A法(低水圧法)は、海外規格のAATCC 127及びISO811とほぼ同じ試験です。
コラム

 低水圧法で用いられる単位mmは、mmH2Oとも表される圧力の単位です。

 例えば、地面より100mm、又は1000mmの高さにあるコップに入った水を地面に落とします。その時、地面が受ける圧力を水の高さとして表しています。100mmの高さから落ちる水より、1000mmの高さから落ちる水の方が地面に対して水圧が高いことが分かります。

B法(高水圧法)
対象製品
  • 厚手レインウェア
  • スキーウェア
試験方法
 昇圧速度100kPa/minで試験片に水圧をかけていき、水滴が3滴出水した時点の水圧を測定します。
試験結果例
試験項目 試験方法 試験結果
耐水度(kPa) JIS L 1092 B法 初期 475
洗濯後 360
試験結果の見方
数値が大きいほど、耐水性が高いと評価できます。
コラム

 高水圧法で用いられる単位kPa(キロパスカル)と低水圧法で用いられる単位mmの換算について説明します。両方とも単位は圧力を示しています。

 「1kPa=101.972mm」を意味し、475kPaと言う結果が得られた場合は約48437mmとなります。