光吸収発熱性(蓄熱性)試験

概要

 光によって発熱する生地に対し、光を照射した時の温度変化を測定する試験です。炭化ジルコニウムや酸化チタン化合物など、繊維に練り込まれた物質が光を効率よく吸収し、光の放射熱を熱エネルギーに変換することで暖かくなります。この機能は「光吸収発熱性」または「蓄熱性」と呼びます。


目的

 日光を吸収して発熱する生地の評価が目的です。これら生地は、特に屋外で着用する冬物衣料などに使用されます。


試験対象品
  • ゴルフウェア
  • フィッシングウェア
  • トレッキングウェア
  • ジャケット類
  • パンツ類
JIS L 1926 繊維製品の光吸収発熱性評価方法
概要

 光源に、人工太陽光を使用することが特徴です。分光分布が極端に赤外線領域に偏った白熱灯(レフランプ)に比べ、再現性の高い試験となります。

試験方法
  1. 試料裏面に受熱体を接触させて配置し,試料が光を吸収して発した熱を受熱体に吸収(伝導)させます。
  2. 光を照射して30 分後の試料を装着した受熱体と、裸の受熱体(ブランク)、ぞれぞれの上昇温度を測定します。
  3. 次の式で光吸収発熱温度差を求めます。
    光吸収発熱温度差ΔT=⊿Ts-⊿Tb (℃)
    ΔTs:試料の平均上昇温度 (℃)
    ΔTb:ブランクの平均上昇温度 (℃)

光吸収発熱性(蓄熱性)JIS法

人工太陽光源

光吸収発熱性(蓄熱性)JIS法装置モデル図

装置モデル図

試験結果例
試験項目 試験結果
対照品 光吸収発熱素材

光吸収発熱温度差

ΔT (℃)

3.0 13.1
試験結果の見方
光吸収発熱温度差が大きいほど光吸収発熱性が高いと言えます。
レフランプ法
試験方法
  1. レフランプ直下に試料を置き、光を照射します。
  2. 照射を続けながら、熱電対温度センサで生地裏面の温度変化を経時的に測定します。

レフランプ

レフランプ

光吸収発熱性(蓄熱性)レフランプ法装置モデル図
装置モデル図

試験結果例

30秒ごとの温度変化 光吸収発熱温度の経時変化のグラフ

試験結果の見方
対象品(未加工品)より温度が大きいほど光吸収発熱性が高いと言えます。