吸湿発熱性

概要

 空気中の水分子が繊維に吸着した際に発生する熱(収着熱と言われる)を利用し、温感を持たせる機能です。

吸湿発熱試験機

試験対象品
  • インナー
  • Tシャツ
  • スポーツウェア
JIS L 1952-1(最大吸湿発熱温度測定法)/ISO 18782-2015
試験方法

 試験片の片面(測定面)に低湿度(20℃×約40%RH)の空気を供給し続け、測定面の温度を一定にします。この時の温度が初期温度(Tinitial)となります。
 供給空気を高湿度(20℃×約90% RH)へ切り替え、その後の測定面の温度変化を経時測定します。
 高湿度供給時の測定面の最大温度(Tmax)から初期温度(Tinitial)を引いた値を、最大吸湿発熱温度(ΔTmax)として求めます。


試験結果例
試験項目 試験結果 試験方法
最大吸湿発熱温度
ΔTmax (℃)
2.8 JIS L 1952-1
測定面:裏側 
前処理:未処理
試験結果の見方
 最大吸湿発熱温度が高い方が、吸湿発熱効果があることになります。
コラム
 繊維の吸湿発熱性は、吸湿量に比例して大きくなる傾向にあります。吸湿量が少ない疎水性繊維の場合、親水基を導入する改質や後加工をおこなうことで吸湿量を高め、吸湿発熱性が大きくなるようにします。
JIS L 1952-2(熱保持指数測定法)
概要
 生地に水分を吸湿させて発熱させた後、発熱した温度をどの程度保持できるかを評価します。保温性や断熱性を評価する試験ではありません。また、この試験方法は、最大吸湿発熱温度が1.6℃以上のものに適用します。
試験方法

 JIS L 1952-1(最大吸湿発熱温度測定法)の試験結果と吸湿発熱温度曲線から次の様に算出します。

  1. 最大吸湿発熱温度ΔTmaxの時点を、減衰経過時間Srd 0秒とします。
  2. 温度減衰時における各時間の吸湿発熱温度ΔTave(試験片4つの平均値)を求めます。
  3. 吸湿発熱温度平均値ΔTaveおよび減衰経過時間Srdから、回帰曲線を求めます。
  4. 回帰曲線より半減期を算出します。
  5. 半減期及び回帰曲線で囲まれた面積から、熱保持指数Ihkを算出します 。


試験結果例
試験項目 試験結果 試験方法
最大吸湿発熱温度
ΔTmax (℃)
3.2 JIS L 1952-1
測定面:裏側 
前処理:未処理
半減期
t1/2 (s)
422 JIS L 1952-2
測定面:裏側 
前処理:未処理
熱保持指数
Ihk (℃・s)
960
試験結果の見方

 半減期は,最大吸湿発熱温度が半分になるまでの時間を示します。熱保持指数が大きい方が、吸湿発熱温度を保持する度合いが大きいことを示します。