接触冷感性試験

概要

 人がものに触れた時、それぞれが同じ温度であるにもかかわらず、鉄などの金属は「冷たい」、ウール等の衣服は「暖かい」と感じます。 このような皮膚感覚を「接触冷感」や「接触冷温感」とよびます。

熱吸収速度


試験対象品
  • シャツ
  • スポーツウェア
  • 肌着類
  • 寝装品類
  • タオル
試験方法
JIS L 1927
試験方法
  1. 室温と試料(測定台)を同じ温度に設定します。
  2. 室温の+10(ΔT=10)に加熱した測定部を試料に接触させます。
  3. 接触初期の熱源板の温度を測定し、熱流束を算出します。
  4. 熱流束の極大値(W/㎠)をqmaxとします。

     

測定に用いるのは、精密迅速熱物性測定装置(THERMOLABO II)等です。

試験結果例
試験項目

試験結果

対象品 加工品
接触冷温感
最大熱吸収速度
qmax <W/㎠>
ΔT=10
0.073 0.125
KES法
概要
 試験方法はJIS法とほぼ同じです。試験条件として、室温の+10(ΔT=10)に加えて室温の+20℃(ΔT=20)を選択することが可能です。
試験結果例
試験項目

試験結果

対象品 加工品
接触冷温感
最大熱吸収速度
qmax <W/㎠>
ΔT=20
0.184 0.206