微小粒子捕集(ろ過)効率(PFE)試験

概要
 マスクなどのフィルタ材が、微小な試験粒子を捕集(ろ過)する性能を試験します。従来から花粉粒子や細菌の捕集(ろ過)効率試験はありましたが、それらより小さい粒子に対応しているのが特徴です。英語では「Particle Filtration Efficiency (PFE)」と呼ばれます。

 

試験をご検討中のお客様へ

 お手数ですがご依頼前にこちらのフローチャートより、素材の種類や大きさをご確認下さい。

 (画像をクリックすると拡大されます。)

マスク試験依頼フローチャート

必要試料サイズ

 一般的な大人用サイズのマスク(広げて15cm角以上)で、5枚必要です。生地でご用意いただく場合は、マスク1枚を15cm角生地と読み替えて下さい。立体形状のマスク製品、サイズが小さい製品には対応しかねますのでご了承願います。


試験対象品
  • マスク
  • フィルタ
試験方法
ASTM F 2299
試験方法

 クリーンな環境に維持された試験チャンバー中に、試験粒子を連続安定供給し一定流量で吸引しながら、試験片であるフィルター材の前後(上流側、下流側)の粒子数を計測し、捕集効率を測定します。


PFE(%) =( 1−下流側粒子数/上流側粒子数)×100

試験装置

試験結果例

PFE(%) :平均98.398.6、97.8、99.1、98.0、98.0)

試験結果の見方
 数値が大きいほど、微小粒子を捕集(ろ過)できる性能が高いと言えます。補足部分の「バリア性レベル」もご参照ください。
補足
 ASTM F 2100「医療用フェイスマスクに使用される材料の性能仕様」に0.1μm 粒径の試験粒子を使用した場合の性能区分が記載されていることから、当センターでは通常、粒径0.1μm のポリスチレンラテックス粒子を試験粒子として使用しています。
 ラテックス微粒子を用いた医療用フェイスマスク材の捕集効率試験であるASTM F 2299では、0.1~5μmの粒子が規定されています。一般的には0.3μmの粒子が最もマスクを通過しやすいとも言われているため、当センターでは0.3μmの粒子でも試験が可能です。ご依頼の際は、「0.1μm」または「0.3μm」の粒子径をご指定下さい。
 ASTM F 2299では、粒子を除電して試験を行うこととなっておりますが、一般的な医療用不織布マスクの多くは、意図的にエレクトレット(帯電)加工して捕集効果を向上させているため、粒子の除電をせずに試験を行うことが主流です。ご依頼の際は、「除電あり」または「除電なし」をご指定下さい。
 

試験方法(ASTM F 2100-19)

性能区分
レベル1 レベル2 レベル3
細菌ろ過効率(BFE%)ASTM F2101 ≧ 95 ≧ 98 ≧ 98
圧力損失(mmH2O/cm2)EN14683 < 5.0 < 6.0 < 6.0
微粒子ろ過効率(PFE%@0.1μm)ASTM F2299 ≧ 95 ≧ 98 ≧ 98
人工血液の耐浸透性(mmHg)ASTM F1862( ≒ ISO 22609) 80 120 160
燃焼性 16 CFR Part 1610 クラス1 クラス1 クラス1