消臭性(SEKマーク/光触媒加工製品)

概要

 光触媒を使用して消臭効果を付与した製品に対する試験です。光触媒による消臭は、2003年より繊維評価技術協議会内の「光触媒消臭評価方法研究会」及び「光触媒消臭評価方法ワーキンググループ」で調査研究され、2009年4月1日より光触媒消臭加工マークの認証が開始されました。当センターはこの認証の要件の一つである、「光触媒消臭加工効果の評価試験」の指定検査機関として認められています。


試験方法
繊技協法
概要

 SEKマークの「光触媒消臭加工」マーク認証用の試験です。(プレテストとしての依頼も可能です。)繊維製品に対するアンモニア及びアセトアルデヒドの消臭効果及び光触媒加工による効果を確認します。

試験方法

 紫外線を照射した「明条件」と紫外線を照射しない「暗条件」それぞれでガス濃度の測定を行います。

次式により算出した『ガスの減少率(%)』と『光触媒効果(ポイント)』で結果を表します

明条件減少率(%)=(明条件の空試験濃度-明条件の試験試料の濃度)/明条件の空試験濃度×100

暗条件減少率(%)=(暗条件の空試験濃度-暗条件の試験試料の濃度)/暗条件の空試験濃度×100

  • 光触媒効果=(明条件減少率)-(暗条件減少率)

第1回暴露(ガスを充填させ放置する)後の結果によって流れが変わります。

・明条件減少率が70%未満→不合格(終了)

明条件減少率が70%以上かつ光触媒効果20未満→第2回暴露試験へ

明条件減少率が70%以上かつ光触媒効果20以上→合格(終了)

試験結果の見方

 (一社)繊維評価技術協議会による「SEKマーク繊維製品認証基準」での、「光触媒消臭加工」の基準は、以下の通りです。


第1回暴露試験後に明条件減少率(%)70以上かつ光触媒効果20以上

第2回暴露試験後に光触媒効果20以上

コラム

光触媒って?

 光触媒は、光を吸収して活性化し、有機物を分解するなどの機能を持った材料です。基材に光触媒材料を担持・塗布することで、大気・水質浄化、脱臭、防汚、抗菌防臭などの効果を発揮します。