耐炎性試験:ISO15025(JIS T 8022)

目的

生地に、10秒間接炎し、火炎が伝ぱする度合い(火炎伝ぱ性)を評価します。


概要

ISO15025(JIS T 8022)には、A法(表面着火)とB法(下端着火)の2種類の試験方法があります。

A法は、試料表面に接炎し、B法は試料下端に接炎します。

接炎後、例えば、残炎時間や残じん時間、溶融や滴下の有無等を観察します。

(防護服の製品規格等により、観察項目が異なります)

A法(表面着火)
  
B法(下端着火)

【引用される製品規格例】

  • ISO11611(JIS T 8128)溶接及び関連作業用防護服
  • ISO11612(JIS T 8129)熱及び火炎に対する防護服
  • ISO11613:2017 建物火災で建物侵入をする隊員をサポートする部隊用の防火服 
  • ISO11999-3 建物火災で建物侵入をする隊員用の防火服 
  • ISO14116(JIS T 8130)火炎に対する防護服
  • 消防隊員用個人防火装備に係るガイドライン