カドミウムの含有量試験

概要

 試料に含まれているカドミウムの量を測定する試験です。


目的

 カドミウム化合物は、主にイエローやオレンジ、赤の着色剤として、衣類や雑貨、アクセサリー等のプラスチック製付属品に用いられることがあります。また、ポリウレタン樹脂やポリ塩化ビニル樹脂の安定剤として、それらでコーティングした生地や皮革、合成皮革等に含まれることがあります。カドミウムが人体に蓄積されると腎臓等に健康被害を及ぼすことが知られており、中国や韓国、台湾、EU等では、繊維製品のコーティングや顔料プリント、プラスチック製品やジュエリー製品等への使用が規制されています。


試験対象品
  • プラスチック製付属品
  • コーティング生地
  • 天然皮革
  • 合成皮革
  • 人工皮革
試験方法
EN 1122
試験方法
 図に示すように試料に酸を加えて分解し、誘導結合プラズマ質量分析計(ICP-MS)により目的の金属成分を測定(定量)します。