製品試験(JIS L 1930など)

概要

「製品試験」で実施している試験項目は次の通りです。

  • 家庭用品品質表示法に基づく各種表示の確認
  • JISに基づくサイズ表示の確認
  • 不当景品類及び不当表示防止法による原産国表示の確認
  • 外観・縫製・・・製品に使用されている材料の適否の確認
  • 縫製検査(縫製上の欠点の確認)
  • 耐洗濯性、耐ドライクリーニング性・・・水洗いやドライクリーニングによる変退色、寸法・外観変化の確認

試験対象品
  • 衣料品
  • 服飾雑貨
  • 寝装品
  • インテリア繊維製品
外観・縫製
概要

製品の洗濯前の状態で、以下の事項を確認します。

  

①使用材料に問題がないかの確認

例・生地にキズがないか

 ・ボタンが割れていないか

 ・ファスナーは正常に動くか

 ・プリントにべたつきがないか

 ・縫糸にモノフィラメントが使用されていないか

  

②製品全体の外観確認

例・製品に歪みが生じていないか

 ・左右対称になっているか

 ・柄合わせは正しいか

 ・起毛の方向性は合っているか

  

③縫製仕様の確認

例・各部位は適切な縫製仕様となっているか

 ・被り物の首回りや裾回りの伸び寸法は適切か

 ・力の掛かる部位に補強等適切に縫製されているか

耐洗濯性、耐ドライクリーニング性
概要

 家庭洗濯等取扱方法に基づく水洗い洗濯やドライクリーニングを行い、乾燥させた製品から次の項目を判定します。

・外観上の変化

・縫製の変化

・変退色

・ブリード(色泣き)

・パッカリング

・斜行率

・寸法変化率