防ダニ性試験(JIS L 1920)

概要

 防ダニ加工が施された繊維製品の室内じん性ダニ(ヤケヒョウヒダニ)に対する忌避効果(ダニを寄せ付けない効果)、増殖抑制効果(ダニを増やさない効果)および通過防止効果(ダニを物理的に通過させない効果)を評価します。繊維製品の防ダニ性試験 JIS L 1920 では、評価項目(防ダニ加工の種類)と試料の種類によって試験方法を選択します。

評価項目 試験方法 試料の種類
忌避効果 侵入阻止法 カーペット、ふとん側地、カバー、シーツ類、毛布など
ガラス管法 A法 わた(綿、羊毛、合成繊維)など
B法 羽毛など
増殖抑制効果 増殖抑制試験 A法 カーペット、ふとん側地、カバー、シーツ類、毛布など
B法 ふとんわたなど
通過防止効果 通過防止試験 ふとん側地、カバー、シーツ類、マットレス側地など

試験対象品
  • カーペット
  • ふとん側地
  • カバー・シーツ類
  • 毛布
  • わた
  • 羊毛
  • 合成繊維
  • 羽毛
  • マットレス側地
侵入阻止法(忌避効果)
試験方法
 シャーレ大にダニ1万匹を撒き、シャーレ小に加工試料または未加工試料を入れ、中央部にダニの餌を置き、さらにシャーレ小をシャーレ大の中央部におきます。
24時間静置後、シャーレ小の中に誘引された生存ダニを計数し、忌避率を算出します。


試験結果例
試験項目 試験結果 試験方法
忌避率(%) 原品 62.2

JIS L 1920 侵入阻止法

供試ダニ:ヤケヒョウヒダニ

洗濯方法:JIS L 0217 103法吊干し

洗濯3回後 51.6
試験結果の見方
 忌避率が大きいほど、ダニを寄せ付けない効果があります。
ガラス管法(忌避効果)
試験方法
A法

 ガラス管の一方を粘着テープで塞ぎ、この粘着面にダニ誘引用の餌を付着させます。

ここにダニ計数用わたを詰め込み、続いて加工試料または未加工試料を詰め込みます。
このガラス管にダニ1万匹を含むダニ培地を入れ高密度織物で封をした後、48時間静置後、

ダニ計数用わたと粘着テープ上の生存ダニを計数し、忌避率を算出します。

【A法の試験装置】


B法
 A法と同様。金網を使用して羽毛の飛び出しを防止します。
 
試験結果例
試験項目 試験結果 試験方法
忌避率(%) わた試料(原品) 4.6

JIS L 1920 ガラス管法A法

供試ダニ:ヤケヒョウヒダニ

羽毛試料(原品) 37.1

JIS L 1920 ガラス管法B法

供試ダニ:ヤケヒョウヒダニ

試験結果の見方
 忌避率が大きいほど、ダニを寄せ付けない効果があります。
増殖抑制試験(増殖抑制効果)
試験方法
A法

 シャーレ小に加工試料または未加工試料を敷き詰め、50〜80匹/0.1gのダニ培地を試料にばらまいた後、

4、6および8週間放置後、シャーレ内の生存ダニを計数し、増殖抑制率を算出します。

 

B法

 サンプル瓶に加工試料または未加工試料を敷き詰め、50〜80匹/0.1gのダニ培地を試料にばらまいた後、

4、6および8週間放置後、サンプル管瓶内の生存ダニを計数し、増殖抑制率を算出します。


試験結果例
試験項目 試験結果 試験方法
4週間後 6週間後
増殖抑制率(%) 原品 66.9 78.0

JIS L 1920 増殖抑制試験A法

供試ダニ:ヤケヒョウヒダニ


 

試験項目 試験結果 試験方法
4週間後 6週間後 8週間後
増殖抑制率(%) 原品 66.9 78.0 80.0

JIS L 1920 増殖抑制試験B法

供試ダニ:ヤケヒョウヒダニ

試験結果の見方
  増殖抑制率が大きいほど、ダニの増殖を抑える効果があります。
通過防止試験(通過防止効果)
試験方法

 ガラス管の片面に接着剤を塗布し試料を貼り、その上からフィルムを被せゴムバンドで留め、余分なフィルム端を粘着テープで目張りします。ガラス管をひっくり返しダニを1万匹入れ、ガラス管に接着剤を塗布しろ紙を被せて接着します。接着後、ろ紙面を下にします。

 24時間静置後、フィルム面から試料面にいるダニ数(幼虫・若虫、成虫)を計測します。また、標準布(綿布・かなきん3号)も同様に操作します。


試験結果例
試験項目 試験結果 試験方法

掛けカバー

標準布(対象)
ダニ通過数(匹) No.1 0 >100

JIS L 1920 通過防止試験

供試ダニ:ヤケヒョウヒダニ

No.2 0 >100
No.3 0 >100
試験結果の見方
 ダニ通過数が少ないほど、ダニの通過を抑える効果があります。