かさの耐漏水性(JIS S 4020:1994)

概要

 かさに雨を降らした際に、水漏れなどが発生するかどうかを評価します。


試験対象品
  • かさ
試験方法
  1. かさを開き、中棒を垂直に立てた状態にする。
  2. 人工降雨試験装置のスプレーノズルから、かさの上ろくろまでの距離を1300mmに調整する。
  3. 人工降雨試験装置の降雨量を20±2mm/hに調整し、開いたかさをスプレーノズルの真下に設置し20分間降雨させる。
  4. 試験終了後、傘の内部に伝水の有無や水滴数をカウントする。



試験結果例
試験項目 試験結果 試験方法
耐漏水性

伝水なし

水滴数:5滴

JIS S 4020:1994
試験結果の見方

耐漏水性の基準の目安

かさ内部に伝水がないこと、且つ水滴数が15滴以内