サイズ表示の基本

     衣料品(既製衣料品)を購入する際、自分の身体に合ったサイズのものか確認していると思います。サイズ表示を販売店やアパレル等で勝手に決めてしまうと消費者が混乱してしまうため、業界基準としてJIS規格が使用されています。

     

     JISで規定されている表示方法には、「サイズ」又は「SIZE」などの文字を用い、

    ①身体部位の名称

    ②身体部位の寸法

    ③呼び方

    を組み合わせて表示します。

    (ベビーの場合は、身体部位ではありませんが、体重を身体部位として用います。)

     

     また、「身体部位名」と「身体部位の寸法」をまとめて「基本身体寸法」と言います。寸法は「cm」を単位とし(体重は「㎏」と単位とする)、単位を表す「cm」(又は「㎏」)は文字を省略することもできます。

    (例)

    サイズ

    バスト  83

    ヒップ  91

    身長  158

    9AR

      

    サイズ

    ウエスト 64~70

    M

      

    サイズ

    身長   70

    体重 9kg