公正な試験検査の提供


 すべての試験検査において常に誠実に業務を行い、公正、公平で信頼されるサービスを提供します。

 

品質マネジメントシステム

 当センターでは、東京事業所(登録番号:JQA-2219)、大阪事業所(登録番号:JQA-2239)、上海科懇検験服務有限公司(登録番号:00116Q39645R5M/3100)でISO9001の認証を取得し、品質マネジメントシステムを確立・運用しています。
 さらに、試験や検査の品質確保のため、試験事業者に関する基準であるISO/IEC 17025(JIS Q 17025)に基づくマネジメントシステムを運用し、以下の事項を満たし、信頼性のある結果を提供できる体制を整えております。
 ・技術的能力を認められた試験者
 ・整った試験環境
 ・校正された機器及び国家標準にトレーサビリティのある標準物質
 ・国内外の技能試験への参加

この公正で信頼性のある試験結果の提供を通じて、社会の安心・安全・快適を支えています。

※ISO/IEC 17025(JIS Q 17025)とは、「試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項」に関する規格であり、ISO 9001が品質マネジメントシステムに関係する規格であるのに対し、ISO/IEC 17025は品質マネジメントシステムと試験の技術への要求事項が含まれます。当センターの国内事業所・検査所(東京事業所、東海事業所、大阪事業所、北陸検査所、京都検査所、西部検査所)と香港検査所は産業標準化法に基づき、試験所に関する基準(ISO/IEC 17025)の要求事項に適合しているかどうかを独立行政法人製品評価技術基盤機構(nite)が書類審査・現地審査を行い試験事業者を登録する制度(JNLA)において登録され、国際MRA対応認定された試験事業者です。中国のグループ企業(上海科懇検験服務有限公司、青島試験室、大連試験室、寧波試験室、無錫試験室)は、試験所に関する基準(ISO/IEC 17025)の要求事項に適合しているかどうかを中国合格評定国家認可委員会が審査を行い試験事業者として認定される制度(CNAS)で、認定された試験事業者です。
 

工程監査

 定期的に工程監査を行い、国内及び海外の試験所において、作業標準通りに適切に工程が実施されているか、設備のメンテナンスはされているかなど、試験検査の品質に直接影響を与える日常管理がきちんと出来ているのかを確認し、顧客満足に向けた試験検査品質の維持及びレベルアップを図っています。
 

知的財産の尊重

 当センターでは、知的財産を重要な資産であると認識し、適切に使用するとともに、他者の知的財産についても侵害することがないよう細心の注意を払っています。
当センターでは発明考案に対する意欲を助長する目的で、発明考案の効果的な活用を図るとともに、併せて適切な褒賞を行っています。
 

情報管理

 当センターは、お客様をはじめとするステークホルダーの個人情報を適切に保護・管理することを、重要な社会的責任と認識しており、「個人情報保護規程」を定めています。また、技術情報などの機密情報の流出防止にも注力しており、「機密情報取扱規程」を定め、その遵守をすべての役職員に徹底しています。
 

資格取得支援

 職員自らが、必要な知識や教育を積極的に学習する組織風土の醸成を目的として、繊維製品品質管理士(TES)等の資格取得支援をしています。 当センターが定めた対象資格には、受験に必要な諸費用や、資格を保有継続するための費用を支給しています。