燃焼性試験(難燃性・防炎性)

概要

「難燃性」は「防炎性」ともいい、初期火災で加熱を受けた時に着火しにくく、また着火後も燃え広がる速度を遅らせる機能です。繊維や生地に不燃性ガスを発生させる薬剤や熱分解しない無機物を添加したり、熱分解しない無機繊維や、一般的な繊維に比べて分解温度の高いアラミド繊維を利用したりしています。生地の難燃性を調べる試験として、「JIS L 1091繊維製品の燃焼性試験方法」をご紹介します。


JIS L 1091 A法
概要

カーテン類に用いる
 

 A-1法(45°ミクロバーナ法)

 A-2法(45°メッケルバーナ法)
 

 試験体を45度に傾けた状態で、下から炎を当てて燃焼の広がりの程度(燃焼面積及び燃焼長さ)、残炎及び残じん時間を測定します。

 

寝衣類に用いる
 

 A-4法(垂直法)
 

 試験体を垂直にした状態で、試験体の下端から炎を当てて燃焼の広がりの程度(燃焼長さ)を測定します。

 

対象製品
  • カーテン
  • 暗幕
  • 寝衣類
JIS L 1091 B法(表面燃焼試験)
概要
試験体を45度に傾けた状態で、下方の表面に炎を当てて表面における燃焼の広がりの程度(燃焼長さ)、残炎時間を測定します。
対象製品
  • 敷物類
JIS L 1091 C法(燃焼速度試験)
概要
試験体を一定の角度に傾斜させ、表面下端から炎を当てた時の表面燃焼の速さを測定します 。
対象製品
  • 衣料品
JIS L 1091 E法(酸素指数法試験)
概要
試験素材を燃焼させる際に、どの程度の酸素濃度で燃焼するのかを測定します。酸素濃度が多くても燃焼しない素材は難燃性があることになります。