接触角測定

概要

 当センターでは接触角測定装置を導入し、レインウェア、傘生地、プラスチック、金属、ガラス表面等の濡れ性や、はっ水剤の評価が可能です。
 

 従来、水や油をはじく評価として「はっ水性」「はつ油性」がありますが、この評価は目視による方法を取っていました。しかし、接触角測定装置では角度として数値化が可能です。
 


目的

 液滴が固体に付着した時、液滴が球体状となって濡れにくいことや、ベタッと濡れ広がってしまうことがあります。
 これらの濡れ方は、付着した液体と固体表面の表面張力、およびその液体・固体間の界面張力の値に依存し、落とした液滴と固体表面との間で形成される角度は「接触角」と呼ばれています。
 接触角は濡れにくさ、汚れにくさなど、固体の表面状態の指標として、様々な研究部分野、生産管理の現場などで測定が行われています。


試験対象品
  • レインウェア
  • 傘生地
  • プラスチック
  • 金属
  • ガラス
概要

 サンプルに液滴を滴下して測定します。
 サンプル面の液滴に光を当て、反対側のカメラから液滴の画像を捉え、ソフトウェアにて解析し接触角を算出します。
 接触角の算出方法はいくつかの種類がありますが、サンプルに応じて使い分けています。

接触角

試験方法

測定可能な項目
 接触角液滴法(楕円フィッティング法、Tangent法、Circle法、θ/2法、Young Laplace法)
 動的前進/後退角(拡張収縮法)
 表面自由エネルギー(OWRK法)