対照表


 当センターは、社会的責任に関する国際規格であるISO 26000(JIS Z 26000)をCSR推進のグローバルな共通指標として捉えています。対照表では、当センターのCSR活動とSDGs(持続可能な開発目標)との関連性についてもお示しします。
 SDGsは、持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(no one will be left behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、政府や市民社会、民間セクターその他、すべてのステークホルダーが実現に貢献することを期待されています。

ISO 26000 中核主題に関連する
カケン重点領域
重点領域に関連するSDGs
中核主題 課題
組織統治 ・組織統治 サステナブルな経営基盤づくり
人権 ・デューデリジェンス
・人権に関する危機的状況
・加担の回避
・苦情解決
・差別及び社会的弱者
・市民的及び政治的権利
・経済的、社会的及び文化的権利
・労働における基本的原則及び権利
サステナブルな経営基盤づくり
職員の尊重
労働慣行 ・雇用及び雇用関係
・労働条件及び社会的保護
・社会対話
・労働における安全衛生
・職場における人材育成及び訓練
職員の尊重
環境 ・汚染の予防
・持続可能な資源の使用
・気候変動の緩和及び
 気候変動への適応
・環境保護、生物多様性及び
 自然生息地の回復
環境への配慮
公正な事業慣行 ・汚職防止
・責任ある政治的関与
・公正な競争
・バリューチェーンにおける
 社会的責任の推進
・財産権の尊重
サステナブルな経営基盤づくり
公正な試験検査の提供
消費者課題 ・公正なマーケティング、事実に
 即した偏りのない情報及び
 公正な契約慣行
・消費者の安全衛生の保護
・持続可能な消費
・消費者に対するサービス、支援、
 並びに苦情及び紛争の解決
・消費者データ保護及びプライバシー
・必要不可欠なサービスへのアクセス
・教育及び意識向上
公正な試験検査の提供
社会への貢献
コミュニティへの参画
及びコミュニティの発展
・コミュニティへの参画
・教育及び文化
・雇用創出及び技能開発
・技術の開発及び技術へのアクセス
・富及び所得の創出
・健康
・社会的投資
社会への貢献




 
カケンが貢献するSDGs(持続可能な開発目標)
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する 国内および国家間の不平等を是正する
すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する 都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする
ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る 持続可能な消費と生産のパターンを確保する
すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する 気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る
すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する 海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する
強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る 持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する