HOME > 繊維検査を中心としたグローバルテスト機関『カケン』 > 「ネオファイバーテクノロジー京都国際シンポジウム」講演報告

「ネオファイバーテクノロジー京都国際シンポジウム」講演報告

10月3日(金)、ネオファイバーテクノロジー京都国際シンポジウム(ISF 2014 ポストシンポジウム)にて弊センターの倉本職員が講演を行いました。

このシンポジウムは、繊維学会創立70周年記念行事『国際繊維シンポジウム(ISF 2014)』のポストシンポジウムとして、国立京都工芸繊維大学・繊維科学センターにおいて開催されたものです。




各国からの参加者に『Recent Progress of Experimental and Measuring Technology for Functional Fiber Products - Evaluation of Hydro-thermal Characteristics of Clothing Materials - 』と題し、講演いたしました。

内容は、近年開発が進む機能性繊維の測定技術のうち、特に弊センターが開発し、ISO(国際規格)制定作業が進行中である、衣服素材の吸湿発熱性試験方法や試験装置についてです。

参加者からの鋭いご質問もいただき、盛況のうちに講演を終えることができました。

PAGE TOP