HOME > 繊維検査を中心としたグローバルテスト機関『カケン』 > 上海科懇がCNAS(中国版試験所認定)の更新認可を受けました

上海科懇がCNAS(中国版試験所認定)の更新認可を受けました


この度、上海科懇は2012年5月17日付けで「CNAS」(ISO/IEC 17025に基づく試験所認定)の更新認可を取得しました。


認定証(中文)

上海科懇は2007年に染色堅ろう度、ホルマリン含有量など14項目について日系検査機関単独では初めて「CNAS」の認定を取得し、中国で繊維製品または衣料品を販売する際に義務づけられている「安全性」を保証するための証明書を発行して参りました。


今回、JIS法による引裂強さ、滑脱抵抗力などの物性試験やGB法による特定芳香族アミン分析試験など8項目について新たに認可を取得いたしましたので、「紡織品基本安全技術要求」項目だけではなく、Qコード登録をされている物性試験項目についてもCNASロゴ入り証明書の発行可能範囲が広がることになります。


【CNASロゴ入り証明書の発行が可能な試験】
耐光堅牢度、洗濯堅牢度、汗堅牢度、摩擦堅牢度、ドライクリーニング堅牢度
水堅牢度、塩素処理水堅牢度、唾液堅牢度、洗濯寸法変化率堅牢度、ホルムアルデヒド堅牢度
PH、繊維鑑別、繊維定量分析(混用率)、製品耐洗濯性、引張試験
引裂試験、破裂試験、滑脱抵抗力、ピリング、スナッグ
防水性、芳香族アミン

皆様方には今後も信頼性のあるデータを提供することはもちろん、法律等を含めた幅広い情報を提供させていただく所存ですので、引き続きご利用くださいますようお願いいたします。


尚、認定項目の詳細等については上海科懇品質管理部にお問い合せ下さい。

PAGE TOP