作業概要(手順)

JIS L 1902で規定されている「菌液吸収法」の作業概要(手順)を以下に写真でご説明します。

①スラント保存菌
スラント保存菌

②画線後寒天平板培地
スラント保存菌

③液体培地に接種
スラント保存菌

④21時間振とう培養
スラント保存菌

⑤培養後の液体培地(菌濃度約1億個/mL)
スラント保存菌

⑥液体培地に接種
スラント保存菌

⑦3時間振とう培養
スラント保存菌

⑧1/20液体培地で希釈(菌濃度約10万個/mLの試験菌液)
スラント保存菌

⑨試験布、対象布に試験菌液を接種し18時間インキュベータで培養
スラント保存菌

⑩試験管撹拌機でサンプル洗い出し
(以下、接種直後と18時間培養共に実施)
スラント保存菌

⑪10倍希釈系列作成
スラント保存菌

⑫シャーレに分注
スラント保存菌

⑬寒天の流し込み後、インキュベータで48時間培養
スラント保存菌

⑭コロニーをカウントする。
スラント保存菌

⑮抗菌活性値を算出
抗菌活性値=(logCt―logC0)-(logTt―logT0

  • logCt:18時間培養後の対象布の生菌数の常用対数
  • logC0:接種直後の対象布の生菌数の常用対数
  • logTt:18時間培養後の試験布の生菌数の常用対数
  • logT0:接種直後の試験布の生菌数の常用対数
  •   ただし、logC0 > logT0を満たす場合、抗菌活性値はlogT0をlogC0に置き換えて算出する。