接触冷温感

 人がものに触れた時、それぞれが同じ温度であるにもかかわらず、鉄などの金 属は「冷たい」、ウール等の衣服は「暖かい」と感じます。 このような皮膚感覚を「接触冷温感」とよびます。その指標に最大熱吸収速度 (q-max)があり、数値が大きいほど冷たく、小さいほど暖かいと評価されます。
 室温の+10°C(ΔT=10°C)または+20°C(ΔT=20°C)に加熱した測定部を室温の試料に接触させ、試料の熱吸収速度を測定します。
 測定には、精密迅速熱物性測定装置(THERMOLABO II)を用いています。

q-max値:大きいほど、触れたときに冷たく感じます。