オンタリオ州:布張り及び詰め物製品に関する法令の廃止

2018年12月6日、オンタリオ州政府は布張り及び詰め物製品に関する法令(O. Reg. 218/01: UPHOLSTERED AND STUFFED ARTICLES)を2019年7月1日に廃止すると発表しました。法令の廃止によって、製造者ライセンス登録及びLAW RABELの表示義務がなくなり、同時にTSSA(技術標準安全局)による監督及び執行権力も取り消されることになります。
マニトバ州及びケベック州は依然として布張り及び詰め物製品を規制し、変更の予定もありませんので、製造者ライセンス登録及びLAW LABELの表示が引き続き必要になります。

変更点
・2019年7月1日より、法令(O. Reg. 218/01: UPHOLSTERED AND STUFFED ARTICLES)に定められている製造者ライセンス登録や表示、処理方法、清浄、殺菌の要求事項は適用されなくなります。

今から2019年7月1日までの期間について
・法令(O. Reg. 218/01: UPHOLSTERED AND STUFFED ARTICLES)は2019年7月1日まで法的拘束力があり、TSSA(技術標準安全局)は規制の管理と執行を引き続き行います。

同様の法令が有るマニトバ州及びケベック州への影響
・法令が廃止されるのはオンタリオ州のみです。マニトバ州及びケベック州で販売される布張り及び詰め物製品は引き続きそれらの州の法令を遵守する必要があります。

詳しくはこちら


PDFダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

東京事業所 グローバルコミュニケーション戦略室
03-5759-4120 (担当:志賀、謝)