マイクロプラスチック問題への対応

自然界に放出されても生分解せず、環境に蓄積するプラスチックごみの問題がマスコミで取り上げられて関心が高まっています。早急な対策を迫られている中で、カケンテストセンターは繊維業界の試験機関として、繊維製品から発生する合繊屑の定量試験方法の開発に協力しています。当該問題に寄与できるよう国際標準化を目指しています。

お問い合わせ先

本部(管理部門)業務部
03-3241-2545