吸水速乾性

 生地が汗や湿気を吸い取っても、生地が濡れたままでは不快感や冷えを感じます。吸水速乾は、汗や湿気を吸い取って(吸水)、すばやく蒸発させる(速乾)機能です。

【速乾性・拡散性残留水分率】
 微量の水を生地中央に滴下し、水分の拡散乾燥に伴う、 試験片の重量を5分間隔で測定します。

【吸水性・滴下法】
 微量の水を生地に滴下し、水滴が生地に吸収されるまでの時間を測定します。

【吸収性・バイレック法】
 細長く切り出した試料を吊して下端を水に漬浸し、一定時間後に毛細管現象で水 が上昇した距離を測定します。