試験概要

 安全性に対する関心が高まってきていますが、衣料品などの繊維製品は肌へ与える影響を考慮して、”生地のpH”について基準(中国のGB規格、韓国のKCマークなど)が設定されていることがあり、その場合、中国内販向けの対象となる製品では試験が必要となってきます。
 ”生地のpH”と書きましたが、実際には生地を水(または塩化カリウム溶液)に侵漬し、振とう処理して得られた抽出液のpHを測定します。

 GB/T7573の試験の流れは以下の通り(ISO 3071 や JIS L 1096・B法も同様)です。
 試料2gを採取し、細かく切断します。切断した試料と水100mLを栓付フラスコに入れて密栓します。手で振とうし、試料と水をなじませた後、振とう器で2時間浸透します(振とう操作)。
 得られた抽出液をpHメーターで測定します(pHメーターによる測定)。
 GB規格やKCマークでは乳幼児用製品、肌に直接触れる製品(肌着、靴下など)、肌に直接触れない製品などで分類され、それぞれ基準値が異なっており、乳幼児用製品の基準値が最も厳しくなっています。

試験の流れ
振とう操作
pHメーターによる測定