適用範囲

 光触媒を含む抗菌加工製品の抗菌性を実使用環境に使い光照射下で評価します。

試験方法

JIS R 1702 ファインセラミックス – 光照射下での光触媒抗菌加工製品の抗菌性試験方法・抗菌効果

試験方法試料の種類試料の形状
ガラス密着法単味光触媒抗菌加工またはハイブリッド光触媒抗菌加工を施した繊維製品厚すぎるものは試験不可(ガラスにより密着できる厚さ)
フィルム密着法単味光触媒抗菌加工またはハイブリッド光触媒抗菌加工を施した平板状製品平板状、厚さ10mm以内

下図に示す試験用シャーレを組み立て、菌液を試料に接種し、8時間、一定放射紫外線強度の光照射後、生菌数を測定して光触媒加工製品の抗菌性を評価します。
 また、ハイブリッド光触媒加工製品は上記試験に加え、暗所での抗菌性を JIS L 1902 菌液吸収法(繊維製品)または JIS R 1702附属書Aに規定される方法(≒JIS Z 2801、平板状製品)により評価します。

試験菌の条件

JIS R 1702 の試験菌は下表の通りです。

試験方法菌種
ガラス密着法黄色ぶどう球菌、肺炎かん菌
フィルム密着法黄色ぶどう球菌、大腸菌

紫外線照射強度の目安

 JIS R 1702 では紫外線強度の目安として、以下の数値が記載されています。加工の種類、使用環境等に適した紫外線放射強度をご指定下さい。なお、紫外線放射照度が強すぎると、それだけで細菌の増殖が抑制される場合があるため、強い紫外線放射照度による試験は推奨できません。

紫外線放射照度代表的な場所
0.25mW/㎠昼間の窓際、光触媒機能を作用させるために使用される紫外線蛍光ランプ等の補助光源を使う場合
0.10mW/㎠昼間の室内(太陽光が入る窓から1.5m程度内側まで)、朝や夕方の窓際
0.01mW/㎠昼間の室内(太陽光が入る窓から3m程度内側まで)
0.001mW/㎠太陽光が入らない昼間の室内や夜間の室内

試験結果の見方

 JIS R 1702 では以下の各活性値を算出し、試験結果の評価を行います。

【ガラス密着法】

活性値算出法
静菌活性値(SL$$S_L=M_{BL} - M_L$$
MBL:Log(光照射8時間後の標準布の生菌数)
ML:Log(光照射8時間後の光触媒加工布の生菌数)
光触媒加工布の光照射による効果(⊿S)$$\Delta S=(M_{BL} - M_L) - (M_{BD} - M_D)$$
MBD:Log(暗所8時間後の標準布の生菌数)
MD:Log(暗所8時間後の光触媒加工布の生菌数)
ハイブリッド光触媒加工布の暗所での静菌活性値(S)(JIS L 1902 菌液吸収法による)$$S=(M_b - M_a)-(M_c-M_o)$$
Ma:Log(綿標準布接種直後の生菌数)
Mb:Log(綿標準布18時間後の生菌数)
Mc:Log(ハイブリッド光触媒加工布18時間後の生菌数)
Mo:Log(ハイブリッド光触媒加工布の接種直後の生菌数)

【フィルム密着法】

活性値算出法
抗菌活性値(RL$$R_L=\log{\frac{B_L}{C_L}}$$
BL:Log(光照射8時間後の未加工品の生菌数)
CL:Log(光照射8時間後の光触媒加工品の生菌数)
光触媒加工布の光照光触媒加工品の光照射による効果(⊿R)$$⊿R=\log{\frac{B_L}{C_L}} - \log{\frac{B_D}{C_D}}$$
BD:Log(暗所8時間後の未加工品の生菌数)
CD:Log(暗所8時間後の光触媒加工品の生菌数)
ハイブリッド光触媒加工布の暗所での静菌ハイブリッド光触媒加工品の暗所での抗菌活性値(R)(附属書Aによる)$$R=\log U_t - \log A_t$$
Ut:Log(ハイブリッド光触媒加工布18時間後の生菌数)
At:Log(ハイブリッド光触媒加工布の接種直後の生菌数)

基準値

JIS R 1702 の基準値は下表の通りです。

試験方法ガラス密着法フィルム密着法
JIS内の基準値S≧2.0(単味光触媒)またはS≧2.0かつS≧2.0(ハイブリッド)RL≧2.0(単味光触媒)またはRL≧2.0かつR≧2.0(ハイブリッド)
抗菌製品技術協議会(SIAAマーク)なし⊿R≧2.0または⊿R<2.0の場合、RL≧2.0かつ⊿R/RL≧0.5
繊維評価技術協議会(SEK紫マーク)SL≧2.0かつ⊿S≧1.0なし
光触媒工業会(PIAJマーク)SL≧2.0かつ⊿S≧0.3RL≧2.0かつ⊿R≧0.3