適用範囲

 抗菌加工が施された繊維製品の抗菌性を定性的に評価します。

試験方法

 円形、または正方形にカットした抗菌加工繊維製品を試験菌を含む寒天平板培地の中央部に置き、37℃で24〜48時間培養します。培養後の試料の周囲にハロー(発育阻止帯:細菌の発育がない透明な部分)があれば「抗菌性あり」と判定します。
 この試験方法は、原則、溶出生の高い抗菌剤で加工された繊維製品が対象となります。

ハローあり(抗菌性あり)
ハローなし(抗菌性なし)