試験概要

 フレキシブルコンテナバッグ(フレコンバッグ)とは、土砂や穀物など粉状物質の保管・輸送などによく使用される袋状の産業資材です。
 フレコンバッグはJIS Z 1651やJIS L 1096などに規定されている試験にて評価を行うのが一般的です。当センターで実施可能なフレコンバッグの試験の一例を以下にまとめました。

試験項目試験概要必要生地サイズ
耐候性サンシャインウェザーメーターによる耐候処理を行い、処理前後での引張強さおよび引裂強さを比較する。50×100cm
(引張試験と引裂試験を行った場合)
耐水性25±1時間水中浸漬処理を行い、処理前後の引張強さ・引裂強さを比較する。100×100cm
引張強さ[生地]
たて方向及びよこ方向へ引張り、破断時の荷重(N)を測定する。
生地の場合 50×50cm
[ベルト・ロープ]
長軸方向へ引張り、破断時の荷重(N)を測定する。
ベルトの場合 5.0m
引裂強さたて方向及びよこ方向に引き裂いた時の最大荷重(N)を測定する。70×70cm
耐熱性生地の表面を向い合せて70±3℃の環境下で1時間1kgの重りを載せ放置する。その後にただちに引き剥がし、異常の有無を調べる。10×10cm
耐もみ性JIS L1096に規定するスコット形もみ試験機により処理を行い、異常の有無を調べる。30×30cm
密度たて糸及びよこ糸の単位長さあたりの本数。
質量200mm×200mmの生地の質量より1㎡あたりの質量を算出する。50×50cm