HOME > 研究開発 > 2002年度(平成14年度)以前 > 発塵性、捕集効率試験方法の調査

発塵性、捕集効率試験方法の調査

工業用途におけるクリーンルームの清浄度は、微細な加工が要求されるにつれ、より高いレベルが要求されてきています。同様にそのようなクリーンルームで使用される機器や繊維製品も同様に発塵量の少ない製品が要求されてきています。また、塵埃を捕集するフィルターも様々な用途に応じて開発がなされてきています。

それらの評価を行うために、発塵性の評価試験方法と捕集効率試験方法を現在の技術水準に照らし合わせ、必要な機器、設備を調査し整備計画を策定しました。

次年度には、それらを充実し皆様のご要請に応えられるよう努力したいと考えております。


清浄度クラス

PAGE TOP