HOME > 繊維検査を中心としたグローバルテスト機関『カケン』 > 「防護服セミナー」開催のご案内(大阪)

「防護服セミナー」開催のご案内(大阪)

今回は防護服セミナー第4弾として「高視認性安全服」(ISO 20471)及び「機械的作用に対する防護服」(JIS T 8050(動的引裂)/JIS T 8051(突刺試験)/JIS T 8052(耐切創性)などについてセミナーを開催いたします。

日本の路上でも着用している作業者を目にするようになり、注目を浴び始めている高視認性安全服の①「ISO規格の概要と試験方法」さらに②「本規格の応用方法と現在行われているJIS化のその後」についてご紹介いたします。

また、機械的作用に対する防護服の試験は、刃物・チェーンソー・金属薄板部品・金属切りくず・ガラスなど物理的危険因子から身体を保護し、衣服着用者に危険が及ぶ可能性のある状況下で使用する防護服の材料に対し、障害リスクの状況下で使用される材料を評価することが出来ます。今回はこれらの①「機械的作用に対する防護服の規格と概要の説明」および②「実際の試験方法」をわかりやすくご紹介いたします。


大阪会場:防護服セミナー 第4弾⇒ 募集終了 


【開催日】 平成27年3月5日(木)13:30〜16:00(受付:13時〜)
【参加費】 無料
【定 員】 40名(定員に達し次第、締切とさせていただきます。)
【会 場】

一般財団法人カケンテストセンター

大阪事業所 4F 会議室(会場地図はこちら

時 間 講 演 内 容(予定)
13:00〜13:30 受付

13:30〜15:45

(途中休憩あり)

WG1 高視認性安全服について

①ISO 20471の「規格概要と試験方法」

②高視認性安全服のJIS化のその後


WG5 機械的作用に対する防護服について

①JIS T 8050/JIS T 8051/JIS T 8052 を中心とした「規格と概要」

②JIS T 8050/JIS T 8051/JIS T 8052 を中心とした「試験方法の説明」


一般財団法人カケンテストセンター

東京事業所 東京技術室 三橋 卓也

東京事業所 東京技術室 辻 創

15:45〜16:00 質疑応答

【機能評価方法のご紹介例】(クリックで拡大)



【講演内容についてのお問い合わせはこちらまで】

東京事業所 資材テストラボ つじ

 048-258-9614


【お申込みについて】

  • セミナー受講お申込みフォーム(以下のボタン)にて受付をいたします。


  • お申込み受付後にご入力のメールアドレス宛に自動送信される「お申込み受付完了通知メール」が受講証となります。そちらを印刷の上、お名刺とともに会場へご持参ください。会場の受付にて確認をさせていただきます。

【ご留意事項】

  • 申込後のキャンセルは、開催2日前(土・日曜・祝祭日を除く)までにご連絡下さい。
  • ご欠席時の資料送付等の対応は実施いたしませんので、予めご了承ください。
  • 使用するセミナー資料につきましては、当日会場にてお渡しいたします(筆記用具はご持参ください)。
  • 駐車場の用意はございませんので、お車でのお越しはご遠慮ください。

【お問い合わせ先】

    大阪事業所 事務課 セミナー受付担当 白石しらいし 06-6441-6751

PAGE TOP