HOME > 試験・検査案内 > 防護機能性 > 突き刺しおよび動的引き裂き強さ(JIS T 8050(ISO 13995))

突き刺しおよび動的引き裂き強さ(JIS T 8050(ISO 13995))

作業着やユニフォームは、様々なリスクから作業者の身体を防護する役割を果たしています。

防護対象となるリスクには、機械的作用、炎や熱、バイオハザード、ケミカルハザードなどが想定されます。特に、一般的な工場等の施設で利用される作業着・ユニフォーム類には機械的作用に対する防護性が重要な性能になっています。

例えば、引張強さ、引裂強さ、摩耗強さ、切創抵抗などが注視される性能です。


突刺及び動的引裂に対する抵抗性試験とは


この試験は、くぎなどの突起物や障害物などに引っ掛かり,穴が開いたり破れたりすることを想定し,かぎ裂や引裂により着用者の身体に危険が及ぶのを防護することを目的とした防護服などの材料の強度を評価する試験です。

主に織物,編物,コーティング,メンブレン,ラミネート,皮革などの突刺及び動的引裂に対する材料の強度を評価します。


引裂強度の評価方法


試験装置に取り付けた試験片に対し、試験刃が付いた錘を垂直落下させ,試験片を引裂きます。

試験片が引裂かれた距離( 引裂長さ )を測定します。

この「 引裂長さ 」をもとに、材料のレベル分けをすることが可能です。


カケンでは、機械的作用に対する防護性のうちの突刺及び引裂の評価方法である「防護服 − 機械的特性 − 材料の突刺及び動的引裂に対する抵抗性試験方法(ISO 13995、JIS T 8050対応)」を実施しております。


本ページの印刷用PDFはこちら



PAGE TOP