HOME > 試験・検査案内 > 防護機能性 > 接触熱による熱伝達性(ISO 12127-1)

接触熱による熱伝達性(ISO 12127-1)

高温にさらされるリスクがある環境下で作業をしている製鉄所作業員、石油化学コンビナート作業員、消防隊員などが着用している耐熱服や防火装備、防火手袋は、やけどから身体を守る上で非常に重要な役割を果たします。

このような状況下で着用する装備品に対しては、熱伝達性が重要な評価項目になります。

カケンでは、防護材料の中でも耐熱・断熱材料の熱伝達性の評価方法のひとつである「接触熱による熱伝達性試験」(ISO 12127-1 対応)を行っています。


接触熱による熱伝達性試験とは


この試験は熱に対する防護を目的とした、防護服・防護手袋などの材料の熱伝達性を評価する試験です。

高温の物への接触や、高温の物を握った際の熱伝達性を評価するために、試験片に熱源を一定荷重で接触させ、防護材料裏面への熱伝達性を測定します。


評価方法


試験片の表面に規定温度(例えば250℃)に加熱したシリンダを接触させ、試験片の裏面に設置したセンサーで温度上昇を計測します。

測定した温度上昇のデータを基に、試験片の裏面の温度が10℃上昇するまでの時間(秒)を求め、熱伝達性を評価します。


なお本試験機は、ISO 11612-2008「保護服−熱及び火炎に対する保護服」、ISO 15383-2001「消防士用保護手袋−試験室試験法及び性能要求事項」で要求されている熱伝達性評価に対応しております。


本ページの印刷用PDFはこちら



PAGE TOP