繊維検査を中心に衣料からハイテク関連分野までカバーするカケンENG | CHN

 

機能性

FUNCTIONALITY

吸湿発熱性の評価

物質が空気中の水分を吸着する際に発生する熱(湿潤熱や凝集熱、吸着熱と言われる)を利用し、暖かさを持たせる機能です。衣服内の湿度を下げ(吸湿)、温度を上げる(発熱)機能です。

試料を20℃の環境の下、低湿度(40% RH)から高湿度(90% RH)へと急激に変化させ、加湿面の温度変化を経時測定します。

上昇温度が高いほうが発熱性が大きいことをあらわします。
【吸湿発熱品と対照品を比較】