HOME > 試験・検査案内 > 生物 > 防護服の人工血液・ウィルスバリア性試験の概要

防護服の人工血液・ウィルスバリア性試験の概要

対象サンプル


フィルムがラミネートされた生物学的防護服やその生地。


試験方法


試験方法として、以下の4種類が規格化されています。

人工血液バリア性試験:ASTM F1670、JIS T 8060(ISO 16603)

ウィルスバリア性試験:ASTM F1671、JIS T 8061(ISO 16604)


試験の流れ


サンプルを試験セルにセットした後、人工血液を試験セルに注入し、所定の圧力を掛け、生地の裏側の人工血液の浸透の有無を目視で判定します(人工血液バリア性試験)。

人工血液バリア性試験に合格したサンプルについては、同様に試験セルにウィルス懸濁液を注入した後、所定の圧力を掛け、生地の裏側を洗い出し、この洗い出し液を培養してプラークの有無を確認し、目視で確認できない極微量のウィルス懸濁液の浸透を検出します(ウィルスバリア性試験)。

試験で使用するウィルスとして、"バクテリオファージφX174"(懸濁液の濃度 約108pfu/mL)を使用します。このウィルスは直径約25〜27nmの正20面体構造を持ち、人への感染性は無く、大腸菌のみで増殖する性質を持ちます。


試験セル(クリックで拡大) プラーク無し(クリックで拡大) プラーク有り(クリックで拡大)

試験方法の相違点


ASTM法とJIS法の相違点を下表にまとめます。

JIS法のご依頼時には、圧力のクラス(JIS T 8060 の C、D または JIS T 8061 の C1、D1)または試験圧力のご指定(JIS T 8061 の C、D)をお願い致します。


ASTM F1670、F1671 JIS T 8060(ISO 16603) JIS T 8061(ISO 16604)
方法A、B❇︎︎ 手順A、B❇︎︎(JIS T 8060、8061共通)

5分間 0kPa(静置)

1分間 13.8kPa

54分間 0kPa(静置)

5分間 0kPa(静置)

1分間 14kPa

4分間 0kPa(静置)

該当なし 手順C、D❇︎︎(JIS T 8061のみ)

5分間 0kPa(静置)

5分間 下記いずれかの圧力

手順C、D❇︎︎(JIS T 8060)または手順C1、D1❇︎︎(JIS T 8061)
JIS T 8122 に規定されるクラス 加圧条件
クラス1

5分間 0kPa(静置)

クラス2

5分間 1.75kPa

クラス3

5分間 3.5kPa

クラス4

5分間 7kPa

クラス5

5分間 14kPa

クラス6

5分間 20kPa


PAGE TOP