HOME > 試験・検査案内 > 生物 > かび抵抗性試験(繊維製品)の概要

かび抵抗性試験(繊維製品)の概要

適用範囲


繊維製品のかび抵抗性(かびの生えにくさ)を評価します。


試験方法


繊維製品のかび抵抗性を評価する定性試験として、「JIS Z 2911 かび抵抗性試験方法 7.繊維製品の試験」が規定されています。試験方法と試料の種類は下表の通りです。


試験方法 試料の種類
湿式法 屋外水中などで使用する特にかび抵抗性が要求される繊維製品に適用します。水分の多い条件下のかび抵抗性を評価します。
乾式法 通常の衣料、衣装用の繊維製品に適用します。水分の少ない条件下のかび抵抗性を評価します。

試験方法概要


試験方法の概要は下表の通りです。

試験方法 概要
湿式法 試験片を無機塩寒天培地の入ったシャーレの中央部に置き、胞子混合液1mLをシャーレ全面に接種し、ふたをして、28℃の高湿度下で2週間培養後、試料表面のかび抵抗性を評価します。
乾式法 試験片をシャーレに入れ、胞子混合液を接種した素焼きふるいを試料中央部に置きます。その上にガラス板を置き、ふたをして、28℃の高湿度下で4週間培養後、試料表面のかび抵抗性を評価します。

また、試験では以下の4種類のかびを使用します。


Aspergillus niger NBRC 105649

Penicillium citrinum NBRC 6352

Chaetomium globosum NBRC 6347

Myrothecium verrucaria NBRC 6113


試験結果の解釈


培養後の試料は下表に従い、かび抵抗性を評価します。

かび抵抗性 結果の解釈
0 試料または試験片の接種した部分に菌糸の発育が認められない。
1 試料または試験片の接種した部分に認められる菌糸の発育部分の面積は、全面積の1/3を超えない。
2 試料または試験片の接種した部分に認められる菌糸の発育部分の面積は、全面積の1/3を超える。

培養後の写真とかび抵抗性(湿式法)(画像クリックで拡大)


かび抵抗性:2 かび抵抗性:0

PAGE TOP