繊維検査を中心に衣料からハイテク関連分野までカバーするカケンENG | CHN

 
一般財団法人カケンテストセンター > 試験・検査案内 > 生物 > JIS L 1902 菌液吸収法の概要

生物

BIO

JIS L 1902 菌液吸収法の概要

JIS L 1902で規定されている「菌液吸収法」の作業概要(手順)を写真でご説明します。マウスポインタを写真の上に乗せるか写真をタップすると補足文が表示されます。

【各活性値の算出】

  静菌活性値:S=(Mb-Ma)-(Mc-Mo)

  殺菌活性値:L=Ma-Mc