HOME > 試験・検査案内 > 生物 > JIS L 1902 菌液吸収法の概要

JIS L 1902 菌液吸収法の概要(画像クリックで拡大)

24H培養

接種

①スラント保存菌 ②画線後平板 ③ニュートリエントブロス(NB)

21H培養

④振とう培養器(一次培養) ⑤培養後のNB(約1億個/mL)

3H培養

希釈

⑥再度NBに接種 ⑦二次培養 ⑧1/20 濃度NB(約10万個/mL)

18H培養後

接種直後

⑨サンプルへの接種×6試験片(0.2mL/0.4g) ⑩洗い出し(20mL)

1mL分注

寒天分注

⑪10倍希釈系列作成(生理食塩水9mL+洗い出し原液1mL→繰り返し) ⑫滅菌シャーレ(希釈液1mL分注) ⑬滅菌シャーレ(寒天分注後)

48H培養

コロニー計数

抗菌活性値

\[ A = (\log Ct - \log C0) \]

\[ - (\log Tt - \log T0) \]

⑭培養後のシャーレ ⑮抗菌活性値の算出


PAGE TOP