HOME > 試験・検査案内 > 生物 > マスクの人工血液バリア性試験(ISO 22609、ASTM F1862)

マスクの人工血液バリア性試験(ISO 22609、ASTM F1862)

試験方法概要


マスクに対する人工血液の耐浸透性の評価方法として、ISO 22609(JIS T 8062)および ASTM F1862 が規定されています。試験の概要は以下の通りです。

調湿したマスクをホルダー(S)に取り付け、サンプルから30cmの位置のノズル(C、V)から人工血液(Rに加圧充填)を噴射します。この時の人工血液の噴射圧は、コントローラ(VC)にて10.6(80)、16.0(120)および21.3(160)kPa(mmHg)のいずれかに調整されています。

人工血液はターゲットプレート(T)の細孔を通過した後、マスクに当たります。噴射後、サンプルの裏面を10秒間観察して人工血液の浸透の有無を目視で確認します。


試験結果の解釈


日本国内において明確な基準値はありません。米国 ASTM F2100(医療用マスク材料の性能基準)において下表の基準があります。


表1 ASTM F2100に規定される医療用マスク材料の性能区分

試験方法 性能区分 ✴︎
レベル1 レベル2 レベル3
細菌ろ過効率(BFE%)
ASTM F2101
≧ 95 ≧ 98 ≧ 98
圧力損失(mmH2O/cm2
MIL-M-36954C
< 4.0 < 5.0 < 5.0
微粒子ろ過効率(PFE%@0.1μm)
ASTM F2299
≧ 95 ≧ 98 ≧ 98
人工血液の耐浸透性(mmHg)
ASTM F1862
80 120 160
燃焼性
16 CFR Part 1610
クラス1 クラス1 クラス1

いずれも AQL4.0%が要求されます。


PAGE TOP