HOME > 試験・検査案内 > 生物 > 繊技協抗かび性定量試験(ISO 13629-1 準用)の概要

繊技協抗かび性定量試験(ISO 13629-1 準用)の概要

試験方法概要


ポテトデキストロースアガーで十分に発育させた試験かび(下記4種の内のいずれか1種)の胞子を採取した後、胞子数が1〜3×105個/mLとなるように試験胞子液を調製します(規定の1/20濃度サブローデキストロースブロス中に胞子を分散)。

抗かび加工試料および綿標準布をバイアル瓶中に0.2gサンプリングし、オートクレープ滅菌した後、0.2mLの試験胞子液を接種します。

試験胞子液接種直後と25℃、42時間培養後の試験片から、かび細胞中に含まれるアデノシン三リン酸(ATP)の抽出処理を行った後、発光測定法によりこれを定量します。定量した各ATP mol量と次式から抗かび活性値(FS)を算出し、抗かび性を評価します。


FS=(Fb-Fa)-(Fc-Fo)

ここで、

Fa:綿標準布接種直後のATP mol量の常用対数値

Fb:綿標準布42時間培養後のATP mol量の常用対数値

Fc:抗かび加工布42時間培養後のATP mol量の常用対数値

Fo:抗かび加工布接種直後のATP mol量の常用対数値

試験に用いるかび


繊技協抗かび性試験方法では、下記4種のかびが規定されています。


クロコウジカビ Aspergillus niger NBRC 105649

アオカビ Penicillium citrinum NBRC 6352

クロカビ Cladosporium cladosporioides NBRC 6348

白癬菌 Trichophyton mentagrophytes NBRC 32409


SEK緑マーク基準


繊技協SEK緑マーク基準では、下表に示す内容が規定されています。

試験方法 試験かび 洗濯回数 基準値

抗かび性定量試験方法

(ISO 13629-1 準用)

任意の2種類を選択

洗濯前および洗濯3回、5回、10回後

(品目により異なる)

抗かび活性値2.0以上(一般衣料品)または3.0以上(インテリア製品等)

(品目により異なる)


繊技協 SEK緑マーク(クリックで拡大表示)

PAGE TOP