HOME > 試験・検査案内 > 衣料品・インテリア > NBSスモークチャンバー試験

NBSスモークチャンバーを用いた発煙性試験

概要


航空機の内装材等について加熱燃焼時の発煙濃度(Ds)を測定する試験です。

加熱燃焼方法として、無炎試験(輻射加熱のみ/ノンフレミングモード)と有炎試験(輻射加熱とガスバーナーの炎の接触による加熱/フレミングモード)の2種類があり、最大20分間(加熱時間)の発煙濃度の測定が可能です。


装置


NBSスモークチャンバー試験装置

【NBSスモークチャンバー】


NBS発煙性試験装置(NBSスモークチャンバー)は、チャンバー(箱)の中に光度測定装置と加熱装置が取り付けられている構造になっています。


光度測定装置は光源と光検出器からなっており、煙が光を遮ることによる光量の減衰を利用して発煙濃度を測定します。


加熱装置

【加熱装置】


加熱装置は、放射熱量を調整した電気炉とガスバーナーが装備されており、電気炉単独で、またはガスバーナーを併用して加熱をします。



試験規格


ASTM E 662、ASTM F 814-83、JIS C 0080 ほか


試料


  • 試験片の大きさ:76mm×76mm(厚さは、25.4mmまでのシート状のもの)
  • 1条件の測定に必要な試料量:5枚以上

当該試験により発生した煙(ガス)につきましては、付属の装置を用いて検知管法によるガス濃度の測定も可能です。


測定可能なガス
フッ化水素(HF) 塩化水素(HCl) シアン化水素(HCN)
二酸化硫黄(SO2+H2S) 一酸化炭素(CO) 窒素酸化物(NO+NO2)

PAGE TOP