HOME > 試験・検査案内 > 衣料品・インテリア > 燃焼ガス成分の分析

燃焼ガス成分の分析

燃焼ガス分析機器

カケンでは、東京分析テストラボにプラスチック燃焼試験機を設置しております。

当該機は日本工業規格「プラスチック燃焼ガスの分析方法(JIS K 7217)」に規定される方法による燃焼ガスの生成、捕集をするための装置です。


燃焼は所定の温度に設定した燃焼管に測定試料を入れ、点火装置(火花)により着火、燃焼させます。なお、空気または酸素−窒素混合ガス雰囲気下での燃焼が可能です。

こうして発生させた燃焼ガスを水溶性ガス捕集瓶で捕集し、測定対象ガスに適した測定方法(例:イオンクロマトグラフ法など)により生成したガスの種類及び発生量を測定します。


現時点では塩化水素などのハロゲン系水溶性ガスの測定が可能となっています。この他の水溶性ガスや非水溶性ガスの分析についても可能な場合がありますのでお問い合わせください。

プラスチック以外にも壁紙、建材、繊維製品などが測定可能であり、燃焼ガス分析以外にハロゲン系難燃剤の分析などへの応用が可能です。


試験機 株式会社 杉山元医理器製 プラスチック燃焼試験機(PCT)
燃焼温度 350℃〜900℃(JIS規格は750℃)
支燃ガス 空気または酸素−窒素混合ガス
測定対象ガス ハロゲン系水溶性ガス(フッ化水素、塩化水素、臭化水素)など
測定試料 プラスチック全般、建材、壁紙、繊維製品など

お問い合わせは、 東京事業所 分析テストラボ まで。

PAGE TOP