防汚性(汚れにくさ、付着した汚れの落ちやすさ)


「清潔さを保ちやすい」「取扱いが簡単」等の特長から、防汚機能を有する繊維製品が数多く開発されています。そして、この機能を持たせるための手法には3つのタイプがあります。


1.はじめから汚れが付着しにくいタイプ
(Soil Guard または Soil Repellency)

2.汚れた後、洗濯により容易に落ちるタイプ
(Soil Release)

3.汚れが付着しにくく、また汚れが落ちやすいタイプ


これらの評価法として、


◆1.の「汚れにくさ」⇒ 水や油を代替物として用いた評価(JISL1092「繊維製品の防水性試験方法」はっ水性の試験及びAATCC TestMethod118「はつ油性」)

◆2.の「汚れの落ちやすさ」⇒ 化繊協会のダイヤペースト法


などが用いられていましたが、規格としては整備されていませんでした。


このような状況のもと、平成18年3月25日付けで、JIS L 1919(繊維製品の防汚性試験方法)が発行され、ようやく画一的な評価試験が可能になりました。このJISでは大きな区分で、3種類の汚れにくさ試験方法が規定されています。


また、「汚れの落ちやすさ」の評価として、上記試験後に水洗いする方法が規定されています。カケンでは、本JIS試験方法を実施できる体制をいち早く整えました。


お問い合わせは、最寄の事業所、検査所 まで。


防汚性試験方法

PAGE TOP