繊維検査を中心に衣料からハイテク関連分野までカバーするカケンENG | CHN

 

分析

ANALYSIS

UV遮蔽率の評価

UVカット製品の評価には2通りの方法が行われています。

  • アパレル製品等品質性能対策協議会(アパ対協)で定められた方法
    波長280から400nmの紫外線をどれだけ遮蔽しているかを「紫外線遮蔽率(%)」で表す。
  • オーストラリア・ニュージーランド規格(AS/NZS4399)で定められている方法
    日焼けを防止する能力を「Good,Very Good,Excellent」の3つの言葉で表現する。 波長290から400nmの遮蔽率を5nm間隔で測定するが、各波長に対する皮膚の感度と日光の相対エネルギーを係数に入れることにより、性能が明確に表現される。 なお、能力の低い製品に対しては格付けの適用外となる。

因みに、試料1と試料2は共に「紫外線遮蔽率95(%)」ですが、試料1は「Excellent」であるのに対し、試料2は「Good」の評価です。


お問い合わせは、 東京事業所 分析ラボ まで。