HOME > 試験・検査案内 > 分析 > RoHS/ELV規制物質の分析

RoHS/ELV規制物質の分析

ICP発光分光分析装置

欧州連合(EU)は電気電子機器を対象として、2003年2月に電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限指令(RoHS指令※)を発効しました。

これにより2006年7月1日以降に販売される電気電子機器について特定有害物質(カドミウム、鉛、六価クロム、水銀、PBB、PBDE)の使用を原則的に禁止することが義務付けられました。


また、使用済み自動車に関する欧州議会および理事指令(ELV指令※)においても、2003年7月以降自動車使用部品中の有害金属(カドミウム、鉛、六価クロム、水銀)を規定濃度以下にする規制が始まっています。


カケンではRoHS/ELV指令に対応し、これら有害金属について、ICP発光分光分析法、還元気化原子吸光光度法等による詳細分析を行っております。


RoHS:Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electric equipment

ELV:End-of Life Vehicles


お問い合わせは、 東京事業所 分析テストラボ もしくは 大阪事業所 分析テストラボ まで。

PAGE TOP