繊維検査を中心に衣料からハイテク関連分野までカバーするカケンENG | CHN

 

分析

ANALYSIS

繊維鑑別(JIS L 1030-1)

試験概要

「繊維鑑別試験」とは、「繊維の種類」を調べる試験です。繊維には天然繊維の綿や麻、合成繊維のポリエステルやナイロンなど様々な種類があります。その繊維の種類を調べます。

繊維の種類を調べるにはいくつかの手法があり、一般には複数の手法を組み合わせて調べます。この手法には、燃焼試験、顕微鏡試験、各種試薬に対する溶解試験、赤外吸収スペクトルの測定などがあります。

【燃焼試験】

文字通り繊維を燃焼させます。繊維を炎に近づけたときの状態、炎の中に入れたときの状態、炎から離れたときの状態を観察します。炎の中で燃える繊維もあれば、溶けてしまう繊維もあります。

【顕微鏡試験】

顕微鏡を使用して繊維の側面や断面を観察します。側面が真っ直ぐな繊維や、ねじれた繊維、ウロコのような形状を持つ繊維などがあります。テレビコマーシャルなどで髪の毛のキューティクルなどの側面写真を目にされたこともあるかと思います。

綿の側面

毛の側面

ポリエステルの側面

【溶解試験】

例えば、

  • 試薬Aで綿は溶解する、ポリエステルは溶解しない、ナイロンは溶解する。
  • 試薬Bで綿は溶解しない、ポリエステルは溶解しない、ナイロンは溶解する。

というような、様々な薬品と繊維の種類との組み合わせによる 「溶解性の差」を利用する試験です。

【赤外吸収スペクトルの測定】

赤外分光光度計を使用し、スペクトルの吸収帯と特定波数を測定する試験です。これは繊維の分子の構造を調べるものです。

これらの試験によって「綿」「ポリエステル」「ナイロン」などの繊維の種類を調べるのが「繊維鑑別」試験です。この試験を行うことにより分かるのは、"繊維の種類"です。組成を表示する際の、繊維の種類やその割合の情報を得るためにも、「繊維鑑別」試験の確認が必要です。