HOME > 試験・検査案内 > 分析 > 消臭性能の評価

消臭性能の評価(消臭加工マーク用性能評価等)

繊維のまわりの臭気成分の濃度を低減することにより、においの強さを軽減する性能(消臭性)を付与された衣類、インテリア等が多く販売されています。

カケンでは、以下のような様々な臭気成分の消臭性能について評価試験を行っております。


繊維評価技術協議会 消臭加工繊維製品認証基準


  • 機器分析試験法(検知管法・ガスクロマトグラフィー法)
  • 官能試験法

測定対象臭気成分 汗臭 加齢臭 排せつ臭 タバコ臭 生ゴミ臭
アンモニア
酢酸
イソ吉草酸
ノネナール
メチルメルカプタン
硫化水素
インドール
アセトアルデヒド
ピリジン
トリメチルアミン

アパレル製品等品質性能対策協議会 消臭加工製品消臭性能評価試験方法


臭気 測定対象成分
尿 アンモニア
硫化水素
酢酸

日本化学繊維協会 たばこ臭気に対する消臭性能評価統一試験方法ガイドライン(単一ガス法)


測定対象成分 必須/オプション
アンモニア 必須
アセトアルデヒド 必須
酢酸 必須
硫化水素 オプション
ピリジン オプション

繊維評価技術協議会 光触媒消臭加工繊維製品認証基準


  • ガス減少率
  • 光触媒効果

測定対象成分
アンモニア
アセトアルデヒド

上記試験以外にも、検知管法を準用し、ガスの種類・初発ガス濃度・試験片サイズ・光照射条件などを変えての測定も行っております。

お問い合わせは、 東京事業所 分析テストラボ または 大阪事業所 分析テストラボ または 東海事業所 一宮ラボ まで。

PAGE TOP