HOME > 試験・検査案内 > 分析 > 壁紙のホルムアルデヒド放散量

壁紙のホルムアルデヒド放散量

建材の分野ではシックハウス対策の商品が開発されています。壁紙にはJIS規格(JIS A 6921)があり、その中では様々な品質が規定され、「ホルムアルデヒド放散量」は0.2mg/L以下であることが要求されております。


デシケータ法

ここで「ホルムアルデヒド放散量」を求める試験は一般に“デシケータ法”と呼ばれる方法です。


デシケータの中に試料と蒸留水の入った容器を入れて、フタをして密封し、23℃で24時間放置します。24時間後に蒸留水を取り出して、アセチルアセトン法により蒸留水に吸収されたホルムアルデヒドの量を測定します。


この試験で必要とされる試料のサイズは、「15cm×20cm(2枚)」及び「15×40cm(2枚)」です。



同様の試験には合板やパーティクルボードなどのJIS規格、又はJAS規格があり、デシケータ法によるホルムアルデヒド放散量の測定が規定されています。詳細は以下までお問い合わせください。


東京事業所 分析テストラボ

大阪事業所 分析テストラボ


本コンテンツの印刷用PDFはこちら

PAGE TOP